Omiaiの「非表示」機能の使い方とブロックとの違い

Omiaiの「非表示」機能の使い方とブロックとの違い

Omiaiの非表示機能は、自分の画面から相手を非表示にすることができる機能です。ブロックと機能が似ていますが、ブロックは相手の画面からも自分を削除することができ、復活もできないという点で違いがあります。本記事では、Omiaiの非表機能の概要と使い方、ブロックとの違いについてご紹介をしていきます。非表示機能を活用して便利にOmiaiを利用できるようにしていきましょう。

Omiaiの「非表示機能」の基本情報

Omiaiでは、自分の画面から相手を見えなくする「非表示」機能を利用することができます。興味のない相手でOmiaiの画面が埋め尽くされてしまうと、Omiai利用時の快適度がグッと下がってしまい、タイプの本命の相手とのコミュニケーションに支障が出てしまいます。

非表示機能をフル活用していくことで、Omiaiをより快適に利用することができるようになります。

Omiaiの「非表示機能」の使い方

Omiaiで相手を非表示にする方法はとても簡単で、相手のプロフィールページから下記の手順で設定することができます。

  • 右上の「…」をタップする
  • 「非表示にする」をタップする

また、非表示にした相手は、マイページの各種設定の「非表示リスト」から確認することができ、いつでも非表示を解除することができます。

Omiaiの「非表示機能」と「ブロック」の違い

Omiaiには非表示機能とブロック機能という似ている機能があります。ただし、非表示とブロックは決定的に異なる点がありますので、利用する際は注意が必要です。具体的な違いは下記の通りです.。

比較ポイント 非表示 ブロック
自分からの視点 相手は完全に見えなくなる 相手は完全に見えなくなる
相手からの視点 何も変わらず見える。いいねやメッセージも送れる 自分が完全に消えていなくなる
復活 いつでもリストから復活できる 復活できない

ブロックは、相手からも自分を見れなくするようにしたい時に利用します。その代わり、一度ブロックするとその後復活させることはできません。

非表示は、相手からの表示は何も変えずに、自分の画面からだけ見えなくするようにできます。

Omiaiの「非表示機能」を使うべきシーン

Omiaiの非表示機能は、活用することでOmiaiを快適に利用することができるようになります。次にオススメの利用シーンをご紹介していきます。

興味のない人から何度も「足跡」を残される

自分の興味のない人から何度も「足跡」を残される場合、足跡ページにいつも同じ人が表示されるようになり、鬱陶しく感じることがあります。自分のプロフォールページを閲覧して欲しくないという場合は「ブロック」でも良いですが、自分の画面の快適度合いを高めたい時には「非表示」がオススメです。

本命ではない人から頻繁に「メッセージ」が送られてくる

マッチング後に本命ではない人から頻繁にメッセージが送られてくると、メッセージ画面が興味のない人で埋め尽くされてしまい、快適度合いが下がってしまいます。

いつかメッセージ交換をする可能性がある人の場合は「非表示」に、今後連絡をすることがないと考えられる場合は「ブロック」をするなどして、快適にOmiaiを利用できる環境を維持しましょう。

Omiaiの「非表示機能」まとめ

Omiaiの非表示機能は、自分の画面から特定の相手を見えなくすることのできる便利な機能です。非表示を活用して、タイプでない異性の表示を消していくことによって、本命の相手のみが自分のOmiaiの画面に表示されるようになり、快適にOmiaiを利用できるようになります。

まだ非表示機能をそこまで利用していないという人は、本記事を参考にどんどん非表示機能を活用し、より快適にOmiaiを利用できるようにしていきましょう。

Omiaiの使い方・マッチングのコツカテゴリの最新記事