マッチングアプリOmiaiでの既婚者の特徴と見抜き方、通報方法

マッチングアプリOmiaiでの既婚者の特徴と見抜き方、通報方法

マッチングアプリOmiaiでは、既婚者を完全に除外する仕組みがないため、少数ながら既婚者の利用者もいると考えるのが妥当です。しかし、マッチングアプリで既婚者と遭遇することは何一つ良いことがありません。本記事では、Omiaiでの既婚者の特徴と見抜き方をご紹介します。万が一既婚者と遭遇した場合は、すぐに運営に通報をして強制退会してもらいましょう。

Omiaiに既婚者はいるのか

マッチングアプリOmiaiは恋活・婚活向けサービスであるため、既婚者の利用はほとんどありません。しかし、厳正な独身証明などの手続きは存在しないため、独身であるかどうかは個人の倫理観に任せられている点があり、数は少ないものの、中には既婚者が混ざっている可能性が高いものと考えられています。

前提として既婚者の利用は規約で禁止されている

厳密には、Omiaiの利用規約で既婚者の利用は禁止されており、見つかった場合は即刻強制退会の対象となります。既婚者とデートをして恋仲になってしまった場合は、自分にも訴訟リスクが発生してしまいますので、相手が既婚者かもしれないと疑わしい場合は、できるだけフェードアウトするようにしましょう。

既婚者と判明した場合は違反報告をしよう

万が一相手が既婚者と判明した場合は、即刻運営側に違反報告の通報をして、相手を強制退会させることが大切です。相手のパートナーから訴えられた場合においても、Omiai側に通報した事実があれば、相手を既婚者と知らずに会っていたということができます。

通報は相手のプロフィールページから「…」をタップし、「違反報告する」から行うことができます。

マッチングアプリOmiaiでの既婚者の特徴と見抜き方

マッチングアプリで既婚者と遭遇することは、百害あって一利なしの迷惑さです。相手が少しでも既婚者かもしれないと疑わしいことがあった場合は、探りを入れてはっきりさせるようにしましょう。

相手が既婚者である場合は、下記のような特徴がありますので注意深く観察してみてください。

平日よりも土日に連絡が取りづらくなる

マッチングアプリのメッセージ交換やデートは、平日よりも土日に多くされる傾向があります。しかし、既婚者の場合は家族がいるため、平日よりも土日に連絡が取りづらくなる傾向があります。

特に土日の夜の時間帯に全く連絡を返してくれないというときは、既婚者か、別のパートナーがいる可能性が高いです。

夜に電話をしても出てくれない

また、夜に電話をすると迷惑がられる、又は出てくれないといった場合も、相手に家庭がある可能性があります。夜は基本的に家で過ごす人が多く、相手にパートナーがいればかかってきた電話に対して疑いを持たれてしまうため、相手も迷惑がるかそもそも電話に出ないかの対応を取ります。

デートを重ねても相手の家デートは断固拒否される

Omiaiを通じて知り合った人と何度かデートを重ねてお付き合いをすることになった後も、家が汚いからなどの理由で断固家デートを拒否される場合も、相手が既婚者である可能性が高いので注意するようにしましょう。

暫く拒否してからいきなりすんなりOKした場合も、友人の家を借りたり、民泊などで自称家を用意する婆などもありますので、よく観察して本当に本人の家なのかチェックすることが大切です。

左手薬指に指輪跡がある

決定的なのは、相手の左手薬指に指輪跡がある場合です。通常、既婚者でもない限り、左手の薬指に指輪跡があることは考えられません。そのため、食事デートをしているときなどに、さりげなく相手の左手薬指をチェックしてみて、指輪跡がないかを確認してみましょう。

もし跡がある場合は、指輪をスーツの裏ポケットやカバンにしまっている可能性がありますので、隙を見て探し出し、動かぬ証拠として突き出しましょう。

Omiaiの既婚者まとめ

Omiaiは人気の恋活向けマッチングアプリで、結婚適齢期のパートナーのいない男女が集まり、素敵な出会いを探すサービスです。既婚者を完全に除外する仕組みはできていないため、中には既婚者の利用者もいるものと考えられます。

万が一既婚者と遭遇してしまったときは、即刻運営に違反報告をして強制退会してもらうようにしましょう。

Omiaiの使い方・マッチングのコツカテゴリの最新記事